日々のFX

2021年8月のFX ~米国のテーパリングと低金利維持~

2021年8月のFX

新型コロナウイルスは、デルタ株による感染者が全国的に増加中です。緊急事態宣言の都道府県も増加し、病床も逼迫した状態が続いています。さてそれはさておき、本日は2021年8月の外貨FX運用報告をします。

2021年7月のFX
2021年7月のFX イギリスでコロナが再拡大新型コロナウイルスは、デルタ株(インド株)が猛威を振るい、東京や関東地区ので感染者増加が今でも続いています。本日は2021年7月の外貨F...

2021年8月のFXの利益確定 910円

砂時計と貨幣砂時計と貨幣

2021年8月のFXの利益確定額は910円でした。8月細かいトレードを積み重ね、利益確定をしました。これを大きな含み損を抱えたポンドドルの売りポジションと合わせて相殺し、最終的な利益確定額は910円となりました。

現在保有中のポジション 2021年8月31日

米ドル紙幣米ドル紙幣

現在保有中の通貨ポジションは以下の通りです。

  • 米ドル/円    買い 1000通貨×5
  • ユーロ/円    買い 1000通貨×6
  • ユーロ/円    売り 1000通貨×9
  • ユーロ/ドル   買い 1000通貨×10
  • ユーロ/ドル   売り 1000通貨×7
  • ポンド/円    買い 1000通貨×1
  • ポンド/円    売り 1000通貨×1
  • 豪ドル/円    買い 1000通貨×3
  • 豪ドル/円    売り 1000通貨×7
  • ランド/円    買い 2000通貨×20
  • トルコ/円    買い 1000通貨×36
  • ペソ/円     買い 3000通貨×30
  • ポンド/米ドル  買い 1000通貨×5
  • ポンド/米ドル  売り 1000通貨×7
  • 豪ドル/米ドル  買い 1000通貨×2
  • 豪ドル/米ドル  売り 1000通貨×2
  • NZドル/米ドル   買い 1000通貨×3
  • NZドル/米ドル   売り 1000通貨×5
  • ユーロ/豪ドル  買い 1000通貨×5
  • ユーロ/ポンド  売り 1000通貨×2
  • 米ドル/スイス  買い 1000通貨×2
  • 米ドル/スイス  売り 1000通貨×2
  • 豪ドル/NZドル   買い 1000通貨×2

2021年8月のFX投資の考察

コインと計算機コインと計算機

2021年8月の外国為替相場では以下のような出来事がありました。

  1. 米国の雇用統計が市場予想を上回り失業率が大幅低下→大幅なドル高
  2. タリバンのカブール占領による地政学リスク上昇→リスクオフと円高
  3. デルタ株による世界的な新型コロナウイルスの感染拡大→リスクオフ
  4. トヨタショック(9月にトヨタが4割減産)によるリスクオフ
  5. アメリカのテーパリング(量的緩和の縮小)、但し金利はしばらく上げない→リスクオン

というトピックスがありました。アメリカのテーパリングが始まるとの報道はありましたが、長期金利は上がってこず、リスクオン地合いが継続中です。おそらくリスクを選好するマネーが市場に相当だぶついています。

8月にはアメリカ軍がアフガニスタンから完全撤退することを見込んで反攻作戦に出たタリバンによりアフガニスタンの首都カブールが侵攻、占領されるという事態が起こりました。これによる地政学的リスクの上昇でリスクオフが発生しました。

感染力が非常に強い新型コロナウイルスのデルタ株が世界的に蔓延し、特に東京地区で感染者数が連日更新されました。これによる先行き不安からたびたびリスクオフが発生しました。

8月後半に、アメリカがテーパリングを始めるものの金利は当面据え置くという報道があり、これによりリスクオン地合いが市場を支配し今日に至っています。日経平均、アメリカ株ともにリスクオンが継続しています。

ポジションとレバレッジの問題(2021年8月)

2021年8月末時点でのレバレッジも先月と同じく9倍台を確保しました。

スワップポイントは スワップポイントは218円

2021年8月に獲得したスワップポイントは218円でした。レバレッジを押さえながら利益獲得の機会を逃さないために、現在両建てポジションをたくさん抱えています。そのためマイナススワップが発生するポジションも多く、取得できたスワップポイントは低水準に収まりました。

私が利用している「セントラル短資FX」の紹介

カップとタブレットカップとタブレット

私はメイン口座としてセントラル短資FXを利用しています。システムが安定しており、約定力に定評があります。またメキシコペソのスワップポイントは業界最高水準です。

セントラル短資FX
セントラル短資FX 信用力業界No.1 スワップポイントも多くお勧め本日は、私が愛用している外貨FX口座である「【セントラル短資FX】」について紹介します。 https://conjalka.com...

過去のバックナンバーはこちら

米ドル札米ドル札

2020年6月以降の月間総括記事です。

2020年6月のFX
2020年6月のFX コロナ終息と景気回復期待によるリスクオン2020年6月、コロナ禍はいまだに終息いない状況です。とくに東京地区では緊急事態制限終了後、また感染者が増加する傾向を呈しています。です...
2021年7月のFX
2020年7月のFX コロナ禍の中でレンジとリスクオンのせめぎ合い2020年7月、世界で猛威を振るっている新型コロナウイルスとそれに連動して起こる景気後退懸念が続いています。 https://co...
2021年8月のFX
2020年8月のFX ユーロ高とポンド高、豪ドル高の旋風梅雨があけてから熱い日が続いていましたが、2020年8月もとうとう終わってしまいました。夏枯れの8月、通常は株式や外為市場は閑散とし取引...
2020年9月のFX
2020年9月のFX トルコリラ利上げと荒れるポンド9月のはじめは残暑が続いていましたが、台風が過ぎると同時にどんどん涼しくなってきました。まだ景色には秋は感じられませんが、朝晩の冷え込み...
2020年10月のFX
2020年10月のFX 豪ドル利下げと大統領選にちなむ神経質な展開10月もあっという間に終わってしまいました。街の中にある公園の木々の葉は日々色を変えていきます。金木犀の香り立つ季節が終わり、河岸には一...
2020年11月のFX
2020年11月のFX トルコリラ利上げとバイデン氏の勝利紅葉に染まっていた公園の木々も既に葉が落ちて、冬の公園に様変わりしています。皆様いかがお過ごしでしょうか。本日は、2020年11月のFX...
2020年12月のFX
2020年12月のFX イギリスのEU離脱と感染力の強いウイルス発見12月からは定期的に寒波が来襲し、凍える日も多くなりました。本日は、2020年12月のFXトレードの総括を報告します。 https...
2021年1月のFX
2021年1月のFX 緊急事態宣言発令とコロナ変異種の世界的拡散2020末から新型コロナウイルスが再蔓延し、年明け早々1月7日に10都府県にて緊急事態宣言が再発令されました。1月はまたまたコロナ禍の中...
2021年2月のFX
2021年2月のFX コロナワクチン接種と世界経済回復期待の株高2021年1月7日に10都府県に発令された新型コロナウイルスの緊急事態宣言。2月中は新形コロナウイルスの悲観と期待が交錯する相場が展開し...
2021年3月のFX
2021年3月のFX コロナ変異種蔓延と景気回復期待の交錯2021年1月7日に10都府県に発令された新型コロナウイルスの緊急事態宣言が3月21日に解除されました。緊急事態宣言は解除されたものの感...
2021年4月のFX
2021年4月のFX 米ドル、トルコリラの下落と上昇2021年4月23日から4都府県において新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が再発令されています。4月から東京都や、大阪、神戸、京都地...
2021年5月のFX
2021年5月のFX イギリス経済回復期待とポンド高新型コロナウイルスの緊急事態宣言と蔓延防止措置の発令はまだ続いています。本日は2021年5月の外貨FX運用報告をします。 http...
2021年6月のFX
2021年6月のFX イギリス経済回復期待とポンド高新型コロナウイルスの緊急事態宣言と蔓延防止措置の発令はまだ続いています。本日は2021年5月の外貨FX運用報告をします。 http...
2021年7月のFX
2021年7月のFX イギリスでコロナが再拡大新型コロナウイルスは、デルタ株(インド株)が猛威を振るい、東京や関東地区ので感染者増加が今でも続いています。本日は2021年7月の外貨F...
ABOUT ME
こんじゃるか
こんじゃるかブログを運営しているサラリーマン投資家です。中堅私大を卒業後、中小企業に就職、27歳で退職後大学院進学、大学院卒業後2011年から現職です。うつ病で休職→復職→再休職も経験してます。投資を始めFXを中心に、投資信託、高配当株、ソーシャルレンディングで資産運用中です。節約術も紹介します。
関連記事