日々のFX

2020年11月のFX トルコリラ利上げとバイデン氏の勝利

2020年11月のFX

紅葉に染まっていた公園の木々も既に葉が落ちて、冬の公園に様変わりしています。皆様いかがお過ごしでしょうか。本日は、2020年11月のFXトレードの総括を報告します。

2020年10月のFX
2020年10月のFX 豪ドル利下げと大統領選にちなむ神経質な展開10月もあっという間に終わってしまいました。街の中にある公園の木々の葉は日々色を変えていきます。金木犀の香り立つ季節が終わり、河岸には一...

2020年11月のFXの利益確定 105円

投資画面投資画面

2020年11月のFXの利益確定額は105円でした。11月も各ポジションで利益確定を行いましたが、得られた実現損益を含み損をもったポジションとの相殺に当てました。その残りが105円という数字になりました。

現在保有中のポジション 2020年11月30日

現在保有中の通貨ポジションは以下の通りです。

  • 米ドル/円    買い 1000通貨×5
  • ユーロ/円    売り 1000通貨×8
  • ユーロ/ドル   売り 1000通貨×6
  • ポンド/円    売り 1000通貨×2
  • 豪ドル/円    買い 1000通貨×7
  • ランド/円    買い 1000通貨×20
  • トルコ/円    買い 1000通貨×35
  • ペソ/円     買い 3000通貨×50
  • NZドル/円         買い 1000通貨×3
  • ポンド/米ドル  売り 1000通貨×14
  • 豪ドル/米ドル  買い 1000通貨×1
  • 豪ドル/米ドル  売り 1000通貨×1
  • NZドル/米ドル   買い 1000通貨×1
  • NZドル/米ドル   売り 1000通貨×4
  • ユーロ/豪ドル  買い 1000通貨×1
  • ユーロ/豪ドル  売り 1000通貨×2
  • カナダ/円    買い 1000通貨×1
  • カナダ/円    売り 1000通貨×2
  • 米ドル/スイス  買い 1000通貨×6

2020年11月のFX投資の考察

チャートを見る投資家チャートを見る投資家

2020年11月に起こった出来事はトルコリラの利上げでした。11月トルコリラの政策金利は10.25%から15.00%へ取り上げされました。トルコではインフレが続いており、10.25%は実質的なマイナス金利となっていました。

またトルコ周辺の情勢不安によりトルコリラ安が続いていたためこれを回避するために今回利上げが行われいます。利上げが行われた後は一方的なトルコリラ安は緩和され小康状態が続く状態となっています。

アメリカではトランプ大統領とバイデン氏が雌雄を決する大統領選挙が行われました。結果は僅差でバイデン氏の勝利となりましたがその苛烈な競争と開票速報に振り回される形で外国為替市場には様々な思惑を呼び寄せ、ボラティリティ―が大きな市場が形成されました。

次期大統領がバイデン氏に確定したことにより政治的不確定感が緩和され、アメリカ株には行き場を失ったリスク資金がなだれ込み続けています。これに応じ株価は上昇を続けており、リスク許容度が高まった投資家の資金が外国為替市場にも流入しリスクオンの相場が形成されています。

しかし、新型コロナがかつてない速度で蔓延しており、特にアメリカ、欧州での第三波が拡大する中、事あるごとに投資資金の引き上げが起こり、大きな変動が市場を席巻中。新型コロナ蔓延による経済活動の委縮、そしてそれに相反するニュースとしてワクチンの開発成功とその流通見込みという楽観が入り混じり難しい局面が続いています。

このように悲観的な投資家心理と楽観的な投資家心理が交互に入り混じる展開に置いて、市場は大きなボラティリティ―を形成することになるため、利益獲得のチャンスは増えます。これをうまく活用すれば資産形成をダイナミックに行う絶好の機会となります。

私は引き続きこれらの情勢をうまく利用できる様慎重かつ大胆にポジションを投下していく予定です。

ポジションとレバレッジの問題(2020年11月)

ものすごく大きなリスクオフが訪れても資産が流されてしまわず再起を図れるようにするには、レバレッジを適正に管理することが必須です。これまでも10倍以下に抑えようとしていたレバレッジは11月30日時点でも9倍台を確保しています。

スワップポイントの減少 スワップポイントは-672円

世界市場の金利差の縮小に伴いスワップポイントを稼ぐことが非常に難しい状態が引き続いており、11月もスワップポイントをプラスに持っていくことはできませんでした。

私が利用している「セントラル短資FX」の紹介

INVESTMENTINVESTMENT

私は現在メイン口座として「セントラル短資FX」を利用しています。スマホアプリもシンプルで使いやすく動作も軽快、システムの信頼性も抜群です。詳しくは以下の記事を参照ください。

セントラル短資FX
セントラル短資FX 信用力業界No.1 スワップポイントも多くお勧め本日は、私が愛用している外貨FX口座である「【セントラル短資FX】」について紹介します。 https://conjalka.com...

過去のバックナンバーはこちら

投資画面投資画面

2020年6月以降の月間総括記事です。

2021年7月のFX
2020年7月のFX コロナ禍の中でレンジとリスクオンのせめぎ合い2020年7月、世界で猛威を振るっている新型コロナウイルスとそれに連動して起こる景気後退懸念が続いています。 https://co...
2020年6月のFX
2020年6月のFX コロナ終息と景気回復期待によるリスクオン2020年6月、コロナ禍はいまだに終息いない状況です。とくに東京地区では緊急事態制限終了後、また感染者が増加する傾向を呈しています。です...
2021年8月のFX
2020年8月のFX ユーロ高とポンド高、豪ドル高の旋風梅雨があけてから熱い日が続いていましたが、2020年8月もとうとう終わってしまいました。夏枯れの8月、通常は株式や外為市場は閑散とし取引...
2020年9月のFX
2020年9月のFX トルコリラ利上げと荒れるポンド9月のはじめは残暑が続いていましたが、台風が過ぎると同時にどんどん涼しくなってきました。まだ景色には秋は感じられませんが、朝晩の冷え込み...
2020年10月のFX
2020年10月のFX 豪ドル利下げと大統領選にちなむ神経質な展開10月もあっという間に終わってしまいました。街の中にある公園の木々の葉は日々色を変えていきます。金木犀の香り立つ季節が終わり、河岸には一...
ABOUT ME
こんじゃるか
こんじゃるかブログを運営しているサラリーマン投資家です。中堅私大を卒業後、中小企業に就職、27歳で退職後大学院進学、大学院卒業後2011年から現職です。うつ病で休職→復職→再休職も経験してます。投資を始めFXを中心に、投資信託、高配当株、ソーシャルレンディングで資産運用中です。節約術も紹介します。
関連記事