日々のFX

2021年3月のFX コロナ変異種蔓延と景気回復期待の交錯

2021年3月のFX

2021年1月7日に10都府県に発令された新型コロナウイルスの緊急事態宣言が3月21日に解除されました。緊急事態宣言は解除されたものの感染者は激減しておらずまだまだ予断を許さない状態です。

2021年2月のFX
2021年2月のFX コロナワクチン接種と世界経済回復期待の株高2021年1月7日に10都府県に発令された新型コロナウイルスの緊急事態宣言。2月中は新形コロナウイルスの悲観と期待が交錯する相場が展開し...

本日は2021年3月の外貨FX投資の振り返りを行います。

2021年3月のFXの利益確定 569円

通貨とコイン通貨とコイン

2021年2月の利益確定金額は569円でした。3月は新型コロナウイルスの変異種蔓延による悲観論とワクチン接種者の増加と経済回復期待による楽観論でリスクオフとリスクオンが交錯するなか、スキャルピングで利益を獲得できました。確定した利益を使い、マイナススワップを吐き出すポジションの解消に努めたため、3月の利益確定額は569円に落ち着きました。

現在保有中のポジション 2021年3月31日

紙幣とコイン紙幣とコイン

現在保有中の通貨ポジションは以下の通りです。

  • 米ドル/円    買い 1000通貨×5
  • ユーロ/円    売り 1000通貨×2
  • ユーロ/ドル   買い 1000通貨×3
  • ユーロ/ドル   売り 1000通貨×2
  • ポンド/円    売り 1000通貨×6
  • 豪ドル/円    買い 1000通貨×3
  • トルコ/円    買い 1000通貨×36
  • ペソ/円     買い 3000通貨×50
  • ポンド/米ドル  買い 1000通貨×2
  • ポンド/米ドル  売り 1000通貨×12
  • 豪ドル/米ドル  買い 1000通貨×1
  • NZドル/米ドル   買い 1000通貨×1
  • NZドル/米ドル   売り 1000通貨×1
  • ユーロ/ポンド  買い 1000通貨×6
  • 米ドル/スイス  買い 1000通貨×1
  • 豪ドル/NZドル   買い 1000通貨×3

2021年3月のFX投資の考察

ユーロの紙幣ユーロの紙幣

3月の外国為替相場では以下のような出来事がありました。

  1. アメリカFRBが2023年までゼロ金利を継続するという発言によるリスクオン
  2. コロナ変異種拡散によるリスクオフ
  3. 日銀が購入するETFを日経平均タイプからTOPOXに変更するとの発言
  4. ワクチン接種が他の先進国より進んだイギリスとポンド高
  5. トルコリラが19%に利上げによるトルコリラ暴騰
  6. トルコ中銀総裁更迭によるトルコリラ暴落
  7. 大陸ヨーロッパで新型コロナ変異種蔓延による悲観論
  8. アメリカ金利上昇を嫌気する米国株の停滞

3月も上述の要素が絡み合い、リスクオンとリスクオフが交錯しました。なかでもユーロとポンドが大きく揺れ動きました。米ドル金利上昇を背景に対円でドル高が進行中です。米ドルはロングでのスワップポイントが大きいですが、ショートでのマイナススワップがあるため両建てを行いにくく、下がったときのみロングで仕掛け、含み益が確保できれば逃げきるという作戦を行っています。

3月に多くトレーディングした通貨ペアは、

  • ユーロ/ポンド
  • ユーロ/豪ドル
  • ポンド/円
  • ポンド/米ドル

です。これらを両建てしたり、売り買いを繰り返しトレードをしています。現在はポンドが高くユーロが安い状態が続いていますが、これは新型コロナウイルスのワクチン接種率の進捗の差が通貨の価値にまで影響を及ぼしていることが一つの理由として挙げられます。

今後欧州大陸でのワクチン接種の進捗が上がれば、英国と欧州大陸でのコロナ蔓延の差が縮小することが予想されますので、ユーロ/ポンドの価格に影響、あるいは反転が見られると予想します。

ポジションとレバレッジの問題(2021年3月)

2021年3月末のレバレッジは9倍台後半でした。先月まではレバレッジが11倍台で推移していましたが、今月は3月末の時点でレバレッジを10倍未満に抑えることに成功しています。

スワップポイントの増加 スワップポイントは+3,003円

3月のスワップポイントは3,003円でした。スワップポイントの源泉はメキシコペソとトルコリラによるスワップポイントです。スワップポイントは重要な収入源となりますので今後もマイナススワップを吐き出すポジションは少なめに、プラススワップのポジションを多めに保有することを意識してトレードを行います。

私が利用している「セントラル短資FX」の紹介

外貨の紙幣外貨の紙幣

私がメイン口座としているのはセントラル短資FXです。メキシコペソのスワップポイント、システム安定性、信用度に定評があります。

セントラル短資FX
セントラル短資FX 信用力業界No.1 スワップポイントも多くお勧め本日は、私が愛用している外貨FX口座である「【セントラル短資FX】」について紹介します。 https://conjalka.com...

過去のバックナンバーはこちら

紙幣と財布紙幣と財布

2020年6月以降の月間総括記事です。

2020年6月のFX
2020年6月のFX コロナ終息と景気回復期待によるリスクオン2020年6月、コロナ禍はいまだに終息いない状況です。とくに東京地区では緊急事態制限終了後、また感染者が増加する傾向を呈しています。です...
2021年7月のFX
2020年7月のFX コロナ禍の中でレンジとリスクオンのせめぎ合い2020年7月、世界で猛威を振るっている新型コロナウイルスとそれに連動して起こる景気後退懸念が続いています。 https://co...
2021年8月のFX
2020年8月のFX ユーロ高とポンド高、豪ドル高の旋風梅雨があけてから熱い日が続いていましたが、2020年8月もとうとう終わってしまいました。夏枯れの8月、通常は株式や外為市場は閑散とし取引...
2020年9月のFX
2020年9月のFX トルコリラ利上げと荒れるポンド9月のはじめは残暑が続いていましたが、台風が過ぎると同時にどんどん涼しくなってきました。まだ景色には秋は感じられませんが、朝晩の冷え込み...
2020年10月のFX
2020年10月のFX 豪ドル利下げと大統領選にちなむ神経質な展開10月もあっという間に終わってしまいました。街の中にある公園の木々の葉は日々色を変えていきます。金木犀の香り立つ季節が終わり、河岸には一...
2020年11月のFX
2020年11月のFX トルコリラ利上げとバイデン氏の勝利紅葉に染まっていた公園の木々も既に葉が落ちて、冬の公園に様変わりしています。皆様いかがお過ごしでしょうか。本日は、2020年11月のFX...
2020年12月のFX
2020年12月のFX イギリスのEU離脱と感染力の強いウイルス発見12月からは定期的に寒波が来襲し、凍える日も多くなりました。本日は、2020年12月のFXトレードの総括を報告します。 https...
2021年1月のFX
2021年1月のFX 緊急事態宣言発令とコロナ変異種の世界的拡散2020末から新型コロナウイルスが再蔓延し、年明け早々1月7日に10都府県にて緊急事態宣言が再発令されました。1月はまたまたコロナ禍の中...
2021年2月のFX
2021年2月のFX コロナワクチン接種と世界経済回復期待の株高2021年1月7日に10都府県に発令された新型コロナウイルスの緊急事態宣言。2月中は新形コロナウイルスの悲観と期待が交錯する相場が展開し...
ABOUT ME
こんじゃるか
こんじゃるかブログを運営しているサラリーマン投資家です。中堅私大を卒業後、中小企業に就職、27歳で退職後大学院進学、大学院卒業後2011年から現職です。うつ病で休職→復職→再休職も経験してます。投資を始めFXを中心に、投資信託、高配当株、ソーシャルレンディングで資産運用中です。節約術も紹介します。
関連記事