節約術

リボ払いはやめよう~金利が高く損な使い方~

リボ払いは止めよう

クレジットカードの支払い方法の一つリボ払いという方法があります。簡単に言えば、毎月の支払額が一定になる支払い方法ですが、計算方法が複雑でよくわからない方もいると思います。

車は中古車を乗ろう
新車に乗るな、コスパを求めるなら中古車を買おう車を購入する際には新車にしようか、中古にしようか、どちらを購入するべきか迷う方も多いのではないでしょうか。30年ほど前までは車は10年で...

リボ払いははっきり言って損です。リポ払いとはどのようなものか、その仕組みや注意点について解説します。

リボ払いとは

クレジットカードクレジットカード

リボ払いとは、リボルビング払いの略です。海外では一般的によく利用される支払い方法です。簡単に言えば、クレジットカードによる支払額を一定額にできる支払い方法です。月々の支払い額を予め設定しておけばその金額が引き落とされます。

これによって引き落とし口座にお金がなくても大きな買い物ができますが月々の支払は利用額を完済するまで続くため、支払い金額を多くすれば利用額を完済する期間を短くできる反面月々の支払金額を少なくすれば完済までの期間は長くなります。

例えば10万円の支払い残高があり、月々の設定金額を1万円に設定すれば、毎月1万円づつ引き落としが行われることになり、それが10万円とその金利及び手数料の支払いが完了するまでつづくことになります。

リポ払いと分割払いの違い

クレジットカードクレジットカード

リポ払いと分割払いは支払い時期を分散させるという意味では一見似た仕組みのように思うかもしれませんが支払いの仕組みは大きく異なります。

リポ払いの場合、手数料は「利用残高」に対してかかり、分割払いの場合には一回ごとの支払い明細に対してかかってきます。リポ払いの手数料と分割払いの手数料、どちらがお得かを比較することは難しいですが支払い方、金額によってはリポ払いのほうが手数料が割安になることもあります。

リポ払いの支払い方法

クレジットカードクレジットカード

リポ払いにはいくつかの支払い方法があります。

残高スライド方式

残高スライド方式とは、予め決められた支払い残高に応じて毎月の引き落とし金額決まる仕組みです。

元利定額方式

リポ払いで一般的な支払い方法です。手数料を含めて月々の支払金額を一定にするという支払い方式です。どれだけ支払い残高が増えたとしても引き落される金額は一定です。

毎月の支払い額を安定させることはできますが、支払額を少なくすると支払期間が長期にわたるため手数料と金利がかさみます。クレジットカード会社にとっては笑いが止まらない支払い方式です。

元金定額方式

元金定額方式とは、一定の支払金額を設定し、それに合わせた手数料を上乗せした金額を
引き落としさせる方法です。

定率方式

定率方式は残高の多寡により支払金額を変動させる方法です。支払い残高が多ければ支払金額が多くなり、少なければ支払い金額は少なくなりますが支払いが少なくなるということは支払期間が長期化し、その結果手数料が増えることを意味します。

リボ払いのデメリット

ポケットの中のマスターカードポケットの中のマスターカード

リボ払いは以下の通り大きなデメリットがあります。

金利が高い

リボ払いの金利は通常15%程度に設定されています。これは消費者金融のローンと大差ない高い金利です。100万円の残高あると15万円の金利を払うことになります。もし300万以上の残高があれば普通のサラリーマンでも完済は非常に困難になります。

返済期間が長くなってしまう

リポ払いは月々の支払金額を一定にする支払い方です。たとえば一か月の支払金額を1万円と設定した場合、残金がいくらあっても支払金額は1万円です。そのため残額が増えれば増えるほど返済期間は長くなります。

支払い残高を完済するには100万円なら100か月、200万なら200か月かかります。リポ払いを設定している間にも新たに買い物をすることもありますから設定した月々の返済金額が少ないと支払い残高が増え続けるスパイラルに陥ります。

借金していることを認識しづらい

リボ払いで注意するべきところとしては、支払いを後回しにしている、要するに借金をしているという意識を持ちづらいということです。

消費者金融などのカードローンならローンを組む際に申し込みと審査がありますのでこれからお金を借りるんだという気持ちになります。ですがリポ払いはクレジットカードに標準に付帯した支払い方法ですので気軽に利用できる反面、高金利の借金をしているという意識を持ちにくいのが理由です。

リボ払いの残高が膨大になってしまった時の対処法

クレジットカードクレジットカード

リボ払いの残高が膨らんでしまった時には以下の対策方法があります。

一括返済

リポ払いで膨れ上がった支払い残高は一括返済で解決することができます。一括返済をすることで払うはずだった金利を払う必要がなくなり金利負担を大きく下げることができます。

繰り上げ返済

資金の関係で一括返済が難しい場合は一部の支払い残高を繰り上げ返済することも金利負担圧縮に有効です。資金に余裕があるときは積極的に繰り上げ返済を行い金利負担を少なくしましょう。

債務整理

リポ払いの残高を解決する方法に債務整理というものがあります。リポ払いの場合には債務整理の中の任意整理という方法がおすすめです。任意整理とは裁判所を介さずカード会社と借主が直接交渉し、金利や月々の支払額を減額することを言います。

金利を減らしてもらう、残高を減免してもらうなどの方法がありますが、これらは金融事故として処理されるため債務整理を行った後の5年間はローンを組むことや新しいクレジットカードを作ることはできなくなります。

信用は毀損しますが、残高を減らすには有効な方法の一つです。

自己破産

債務をチャラにする最終手段は自己破産です。ただしすべての資産を放棄する必要がありますのであくまでもこれは最終手段ということになります。

クレジットカード会社がリポ払いを進める理由

マスターカードマスターカード

クレジットカード会社がリポ払いをしきりに勧めてくる理由、それは儲かるからです。支払い残高を抱えたままでずっと金利を払い続けてくる金づるのお客さんがいるわけですから笑いが止まらない商売です。手間がかからず金利丸儲けです。

まとめ

クレジットカードクレジットカード

本日はリポ払いについて解説しました。リポ払いはクレジットカード会社にとっては笑いの止まらない商売ですが、利用する側は高い金利を払っていることに注意する必要があります。

私はクレジットカードをよく利用しますがいつも一回払いです。リポ払いは利用していません。リポ払いを活用するとすれば、私の場合、VISAやマスターカード、アメリカンエキスプレスの株主になってリポ払いで得られる利益から配当を貰う形で利用させて頂こうと考えています。

本日の記事が皆さんの参考になれば幸いです。

ABOUT ME
こんじゃるか
こんじゃるかブログを運営しているサラリーマン投資家です。中堅私大を卒業後、中小企業に就職、27歳で退職後大学院進学、大学院卒業後2011年から現職です。うつ病で休職→復職→再休職も経験してます。投資を始めFXを中心に、投資信託、高配当株、ソーシャルレンディングで資産運用中です。節約術も紹介します。
関連記事