就職・転職

ホワイト企業で働いてライフワークバランスのとれた人生を送ろう

ホワイト企業で働こう

皆さんの職場の雰囲気はどうですか?働き心地は?仕事でやる気はでますか?会社員をやるに当たり、労働環境は満足度にかなりの影響を与えます。働きやすい会社、いわゆるホワイト企業に就職すれば、ライフワークバランスがとれた人生を送ることができます。

転職エージェントを利用しよう
転職エージェントで有利に転職しよう~日本の企業の社員の採用政策は新入社員の一括採用と終身雇用を基幹としていました。ですが、現在は即戦力となる有能なマンパワーを中途採用に求め...

本日はホワイト企業の特徴について解説します。

created by Rinker
日経BP
¥1,628
(2022/01/20 17:14:43時点 Amazon調べ-詳細)

ホワイト企業とは

オフィスビルのガラスオフィスビルのガラス

ホワイト企業とは福利厚生が手厚く、従業員が働きやすく感じる会社のことです。ホワイト企業は働く従業員を大事にし、労働時間が少なく、給料や福利厚生が充実している企業のことを言います。

ホワイト企業の対義語はブラック企業であり、待遇やパワハラ問題をどうにかしようと国も
対策に乗り出すほどの社会問題になっています。せっかく働くのなら働きやすいホワイト企業に就職したいとおもうでしょう。しかし社会人経験んが少ない方や大学生の方にはどのような企業がホワイト企業になるのかわかりにくい部分があると思います。

大学生や中途採用で会社員になろうとしている方は絶対にホワイト企業への就職を目指しましょう。労働環境がいいホワイト企業で働けば生活に余裕が出て、仕事に対するパフォーマンスも上がり人生の充足度を大きく上げることができるからです。

ホワイト企業の特徴

オフィスの会議室オフィスの会議室

ホワイト企業の特徴を以下に解説します。

残業が少ない

ホワイト企業は残業が少なく定時に仕事を終えることができるケースが多いです。業務効率化、ノー残業デー等を実施して残業を抑える施策が打たれています。上司や先輩が残業をしていると先に帰りにくい雰囲気がオフィス中に漂ってしまいますがホワイト企業の場合、残業抑制対策、定時退社を促す仕組みが考えられていることが特徴です。

まだ残業が半強制されるということも少ないと思います。ホワイト企業では業務量を適正に把握して人員を適切に配置しているため残業が少なくなっているという側面もあります。

有給休暇取得率が高い

ホワイト企業は有給休暇取得率が高い傾向があります。またこれらの企業は労働基準法で定められた最低限の有給休暇より多い休暇日を従業員に与える場合もあります。社員全員が有給休暇を取得できるようローテーション制を導入したり、全員有給取得日を設定し、強制的に有給休暇を昇華できるような制度が整えられています。

上司が部下の有給休暇取得を把握し、有給休暇取得が少ない部下に対して休暇取得を促したり時間単位の有給取得制度、半日有給制度など充実した制度により社員が遠慮なく休める環境を作り出していることも特徴です。

基本給が高い

ホワイト企業は基本給が高いです。ホワイト企業は経営基盤が盤石であるため従業員に給料を多めに支払っても経営が十分に成り立ちます。基本給が高ければ一時的な業績悪化でボーナスや残業代が減っても生活への影響は最小限に抑えることができます。

また勤続年数の増加による基本給の上昇金額も大きいため勤続年数が長くなるに従い収入が高くなります。最近では評価制度を見直す企業も増えつつありますが多くの場合は年齢が上がるに従い年収は上がっていきます。

残業代をあてにする必要がない

基本給が少ない企業で働く会社員はある程度の残業があることを前提に家計を設計しています。この場合、業績が悪くなり残業がなくなってしまうと生活設計自体が成り立たなくなる可能性があります。

ホワイト企業は基本給が高いため残業代をあてにする必要がありません。定時で働くだけでも十分な所得があり、安定した生活を送ることができます。

福利厚生が充実

ホワイト企業は福利厚生が充実しています。例えば家賃補助や安い金額で利用できる社員食堂、保養所、法人契約のスポーツジム、グループ企業の割引券、団体保険、誕生日休暇、家族手当等、病気休業への見舞金等、例を挙げればきりがありません。

女性が働きやすい環境が整備されている

育児休暇を3年まで取得で来たり、復職した後も子供が小さいうちは時短勤務が認められるなど女性が働きやすい環境が整えられています。

研修制度が充実している

ホワイト企業は研修制度が充実しています。長期的視野で社員を成長させようとしているからです。そのために社員がスキルアップできるように社内研修やトレーニングをたくさん設けています。

新入社員研修、2年目研修、中堅社員研修、中途採用者研修、管理職研修、役員研修などを行い社員のスキルやパフォーマンスが底上げされるように戦略が練られています。また希望に応じて社外研修や社費留学制度に応募できることもできます。

離職率が低い

ホワイト企業の特徴は離職率が低いことです。それだけ働きやすい環境が整っているということです。一年中求人を出す企業は離職率が高く社員が定着しないため通用採用を行ってます。採用が多いか少ないかを確認して離職率が低そうな企業を選んで求人に申し込みましょう。

平均勤続年数が長く、平均年齢が高い

ホワイト企業の特徴に平均勤続年数の長さが挙げられます。これはなぜかというと働きやすい労働環境が整っているため辞める人が少ないからです。新卒で入社し定年まで勤めあげる社員が多い企業は平均年齢が40歳前後になります。また社員の年齢層も偏らず均等になっており、働き盛りの年齢層に厚みがあります。

公平な人事評価制度がある

ホワイト企業には客観公平な評価制度があります。社員の勤務態度、成果や自己研鑽に対する結果などが多角的に評価される仕組みが確立されています。それが待遇や役職に反映させることにより社員のモチベーションが維持されています。

法令順守が行き届いている

ホワイト企業はコンプライアンスが守られています。コンプライアンスは法律、会社規定、倫理、社会通念を包括した概念です。コンプライアンスのなかでも会社員に関係する部分としては、労働基準法がありこれが適切に守られるということは社員の働く環境が確り整えられていることを意味します。サービス残業を徹底的に防ぐ仕組みができあがっていたりと、不正を行わないのがホワイト企業です。

ハラスメント撲滅の活動が行き届いている

ホワイト企業はハラスメントを許さないという立場でパワハラやモラハラを防止する機能が整備されています。研修でハラスメントについての講義を行ったり通報制度を確立したり、通報者が報復されないようプライバシーが守られたりと様々な施策をうち、社内の雰囲気を良好で健全な状態に保つ努力がされています。

ホワイト企業かどうかを見極めるポイント

オフィスの会議室オフィスの会議室

ホワイト企業かどうかを見極めるポイントは以下のようなところです。

  • 基本給
  • 有給消化率
  • ネット上の評判
  • 年間休日
  • 平均年収
  • 平均年齢
  • 平均勤続年数
  • 福利厚生

ホワイト企業について留意する点

オフィスの会議室オフィスの会議室

ホワイト企業には留意しなければならない点が一点だけあります。それを以下に解説します。

入社のハードルは高い

ホワイト企業は待遇、給料、福利厚生がしっかりしています。その代わり入社を希望する人も多いため入社のハードルが高いのが唯一の問題点です。でも多くの時間を費やす会社を選ぶならできるだけ働きやすく給料が高いところで働きたいものです。労働環境が悪く人をこき使う会社に妥協してしまわず、なんとしてでもホワイト企業に入り込むよう万全を尽くしましょう。

まとめ

オフィスの会議室オフィスの会議室

ホワイト企業の内定を取るためには対策が必要です。まずは自己分析から始め、会社の研究をして万全の準備をして試験と面接に臨みましょう。そして内定を勝ち取って安定し充実した生活環境を手に入れましょう。

海外駐在員になろう
海外駐在員になろう ~最短で資産形成を目指す方法~皆さんは、海外で働く、ということについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。 やりがいを感じる スキルアップが目指...
ABOUT ME
こんじゃるか
こんじゃるかブログを運営しているサラリーマン投資家です。中堅私大を卒業後、中小企業に就職、27歳で退職後大学院進学、大学院卒業後2011年から現職です。うつ病で休職→復職→再休職も経験してます。投資を始めFXを中心に、投資信託、高配当株、ソーシャルレンディングで資産運用中です。節約術も紹介します。
関連記事