就職・転職

転職エージェントで有利に転職しよう~

転職エージェントを利用しよう

日本の企業の社員の採用政策は新入社員の一括採用と終身雇用を基幹としていました。ですが、現在は即戦力となる有能なマンパワーを中途採用に求めることも多くなっています。

楽な仕事
楽な仕事はたくさんある。精神的に楽な仕事で楽しく生きよう仕事が精神的にきつい、精神的に楽な仕事ってないのかな、もっと前向きに仕事をしたい、そんな悩みを抱えながら仕事をしている方もいらっしゃるの...

求人と言えばハローワークに出向くことになるわけですが、転職エージェントを利用する
方も少なくなくなっています。しかし転職エージェントサービスを利用したことがない方にとっては分かりにくい部分もあると思います。

今回は転職エージェントの仕組みや活用法について解説します。

転職エージェントとは

ビジネスマンビジネスマン

転職エージェントとは求職者と求人を出す会社との橋渡しをするサービスを提供するエージェントです。転職エージェントは会社から求人情報を集める一方で、転職を希望する方を企業に紹介したり、面接指導をしたり、履歴書を添削したり、入社日や待遇の交渉などを行ってくれます。

また転職エージェントは転職希望者が転職に成功した後、企業側から成功報酬を得るというビジネスモデルのですので求職者は無料でサービスを利用できる点が特徴です。

転職エージェントを利用するメリット

新聞を読むビジネスマン新聞を読むビジネスマン

転職エージェントを利用するメリットは以下の通りです。

無料で転職サポートが受けられる

転職希望者は転職エージェントのサービスを無料で利用できます。これは転職エージェントは成功報酬として転職先の企業から入社後に報酬を受け取るビジネスモデルのためです。そのため転職エージェントは求職者に利用代金を要求することはありません。

転職エージェントから受けられるサービスは、求人紹介、面接の日程調整、面接対策、書類の添削キャリアプランの相談などです。とくに履歴書と職務経歴書の作成については、申し込み先の企業に合わせ記載すべき内容を教えてくれる場合があるため書類選考通過率のアップを狙えるかもしれません。

非公開求人の紹介を受けられる

転職エージェントから転職サイトには掲載されない非公開求人の紹介を受けられる可能性があります。企業は機密性の高い求人や応募が殺到すると思われる求人は、転職サイトには掲載せず転職エージェント経由で募集を受け付けます。

非公開求人には大手企業や好待遇の求人が多数ありますがこれらに応募するためには転職エージェントを介するしか方法がありません。

非公開求人を紹介してもらえるかどうかは、経験、スキルなどが考慮され選考に通過できる可能性が高いと判断される場合だけとなりますが、転職エージェントは精鋭を求める非公開求人を多数取り扱っているため職歴によっては大手企業への転職の近道となります。

プロの転職コンサルタントが転職活動をサポートしてくれる

転職エージェントを利用するメリットは、プロの転職コンサルタントから転職活動のサポートを受けることができることです。コンサルタントは一人一人の求職者と面談し、職歴、スキルなどを把握し希望を聞き取りしたうえで転職の相談と求人のマッチングを行ってくれます。

要望にあった求人を探してきてくれる

転職をするには本来は転職希望者本人が人材を募集している企業を探す必要がありますが転職エージェントを利用すれば、転職コンサルタントが希望条件にあった求人を探し紹介してくれます。

転職エージェントとの面談をへてスキルや経歴を把握したうえで求人を紹介してくれるためミスマッチが起こりにくく効率的に転職活動を行えます。

面接の日程調整や給与条件を会社と交渉してくれる

転職エージェントは求人案件の紹介を行うだけではなく、面接日程の調整や待遇の交渉を代行してくれます。転職者の希望を聞きながら会社と交渉してくれますので条件がよい状態で
転職できる確率が高まります。

応募書類の添削や面接対策を行ってくれる

転職エージェントを活用すれば企業への応募書類である履歴書や職務経歴書の内容について助言をもらうことができます。例えば自分自身で気づかないポイントや応募しようとしている業界にマッチした内容についてなどの助言を行ってくれるため応募書類の精度が高まります。

転職後のフォローアップがある

転職エージェントのコンサルタントのサービスは転職が完了したら終了ではありません。転職後のアフターフォローもうけることができます。メールで転職後の様子の確認や仕事をし始めてから問題はないか等の状況確認をおこなってくれるため心強い気持ちになります。

履歴書、職務経歴書は複数の案件に使える

自分で求人に応募するには履歴書や職務経歴書を何度もやり取りする必要がありますが転職エージェントを利用することにより、履歴書、職務経歴書を送付する手間は一度で済みます。

転職エージェントを利用するデメリット

パソコンをもつビジネスパーソンパソコンをもつビジネスパーソン

転職エージェントは便利なサービスですがデメリットがないわけではありません。今回は敢えて転職エージェントのデメリットにも触れておきます。

エージェント同士の落差が大きい

転職エージェントを開業するハードル、つまり参入障壁が低いためエージェントにより取り扱う求人のレベルやコンサルタントの質の差が激しいです。

コンサルタントの能力にばらつきがある

転職エージェントに登録すると一般的には専任の担当コンサルタントが付きます。コンサルタントも人ですので中には合わないな、経験が浅そうだ、という方もいるかもしれません。
そのような場合にはエージェントに連絡し担当者を変えてもらったりするのがいいかもしれません。

学歴やキャリアにより応募できる会社のレベルが決まってしまう

転職エージェントは転職を成功させることによる成功報酬で生業を立てるビジネスです。よってどうしても端にも棒にも引っかからない求人は避け、あなたのキャリアや能力に合わせて内定が取れそうな案件のみしか紹介してくれない場合があります。

転職エージェントの都合で求人を紹介されてしまう

転職エージェントにはそれぞれ弱みと強み、パイプの強い業界や弱い業界があります。なかには自分の得意分野の業界ばかりを押してくるエージェントもあるかもしれません。もし自分が希望しない業界ばかりをお勧めしてくるようであれば違うエージェントとコンタクトを
取った方がいいかもしれません。

内定は保証してくれない

転職エージェントは求人への応募のサポートはしてくれますし仲介は行ってくれるもの内定を保証してくれるわけではありません。面接、選考は人材を募集している会社が行いますし、試験と面接に出向くのはあなた自身です。

コンサルタントとの相性がある

転職エージェントの担当者も人ですのでそれぞれが個性を持っています。あなたと相性が合わないと思う方もいるかもしれません。どうしても連携が難しいと感じる場合は担当者を変えてもらうか、別のエージェントを活用することをお勧めします。

地方では利用しにくい

転職エージェント、特に大手のエージェントが取り扱っている案件は首都圏や関西地区、名古屋地区などの商工業地帯に偏っており、地方の案件にはたいおうできていない場合がほとんどです。地方の方が実家から通える範囲内で転職を考えている場合、どうしてもハローワークに頼らざるを得なくなります。

電話連絡がかかってきて連絡が多くなる

転職エージェントからの連絡は基本的にエージェントのビジネスタイムである日中が多くなります。よって仕事中に電話が入ることがあり、現在就業中の会社に内緒で転職活動をしたいと考えている人にとっては煩わしく感じるかもしれません。

もしそのような不都合を感じた場合は連絡はメールにしてもらうよう連絡するか電話する時間帯をすこし変更してもらったりすれば大丈夫です。

転職エージェントの利用の手順

ビジネスマンの腕時計ビジネスマンの腕時計

転職エージェントの利用の流れについて以下に簡単に解説します。

転職エージェントに登録

まずはウェブサイトから転職エージェントにユーザー登録します。個人の名前や希望職種、条件などを入力します。できるだけキッチリ丁寧に書いた方が良い印象を持たれるかもしれません。

転職コンサルタントと面談

転職エージェントに登録したら、担当の転職コンサルタントからメールか電話にて連絡が来ます。それから面談を行うのが一般的な流れです。一般的には転職エージェントのオフィスにある面談スペースで面談することになります。地方の方であれば電話での面談も行ってくれます。

面談ではおよそ1時間程度経歴や求人応募の条件、動機などについて話し合います。ここで自分がどのような企業のどのような職種に就職したいか、また自分の強みなどを明確にできればマッチする求人を紹介してもらえる確率が高まります。

面談をもとに求人の紹介をうける

面談の次は、転職エージェントから求人の企業の紹介を待ちます。紹介された企業に応募するかどうかはこちらで決めることができますが応募しない場合には応募しない理由を明確に伝えたほうが次にマッチした求人が紹介してもらいやすくなります。

企業の求人に応募

転職エージェントから紹介された求人の中で気に入ったものがあれば応募の意思を伝えましょう。転職エージェントが履歴書と職務経歴書を企業に送付し求人に応募してくれます。

書類選考・面接

書類選考通過の連絡が転職エージェントから来たらいよいよ面接となります。面接の日程は転職エージェントが企業と調整してくれます。

もし面接の対応に不安がある場合は転職エージェントに相談しましょう。通過のためのアドバイスをしてくれる場合があります。

内定通知

面接が終了すれば面接結果の連絡が転職エージェントから来ます。面接に合格し、自分が納得した会社であれば入社への手続きとなります。

おすすめの転職エージェント

打ち合わせをするビジネスマン打ち合わせをするビジネスマン

転職エージェントは全国にたくさんありますが、まずは大手の転職エージェントに登録することをお勧めします。おすすめの転職エージェントは以下の遠入です。

リクルートエージェント

転職成功実績一位の業界最大手です。累計32万人の転職実績をほこり、非公開求人の取扱件数も業界最大クラスです。求人取扱数が多いので希望の求人に出会う確率も高まります。
また土日、夜間でも転職の相談に応じてもらえるところも強みです。登録必須の転職エージェントです。


doda(デューダ)

リクルートエージェントと並ぶ業界大手の一つです。取り扱っている非公開求人の質の高さに定評があります。リクルートエージェントと合わせてぜひ登録したい転職エージェントです。


マイナビエージェント

新卒の求人サイトマイナビブランドでも有名なマイナビエージェントです。総合型転職エージェントでありながらIT関係にも強みを持ちます。登録しておくべき転職エージェントの一つです。


パソナキャリア

パソナキャリアは顧客満足度No.1の転職エージェントです。累計25万人の転職実績を誇り
その経験をもとにあなたに適した求人を紹介してくれます。

まとめ

ミーティングスペースミーティングスペース

転職といえばハローワークに駆け込むのもいいですが、転職エージェントを利用すれば転職の幅をより広めることができます。

転職エージェント1社から紹介を受けれられる求人は数社程度です。より多くの非公開求人と出会うためには多くの転職エージェントに登録し、チャンスを増やすことが必要です。

転職エージェントのなかでも全国展開している大手のエージェントにおいても得意分野や業界のパイプはそれぞれ千差万別です。自身の経歴、能力、スキル、求める仕事にあわせて転職エージェントを活用していただければと思います。

転職エージェントを活用すれば、エージェントから自分にあった仕事を見つけてくれますので離職後直ぐに転職したい場合には力強い味方になります。

希望の仕事に就くために転職エージェントからとっておきの非公開求人を紹介してもらいましょう。

ホワイト企業で働こう
ホワイト企業で働いてライフワークバランスのとれた人生を送ろう皆さんの職場の雰囲気はどうですか?働き心地は?仕事でやる気はでますか?会社員をやるに当たり、労働環境は満足度にかなりの影響を与えます。働...
ABOUT ME
こんじゃるか
こんじゃるかブログを運営しているサラリーマン投資家です。中堅私大を卒業後、中小企業に就職、27歳で退職後大学院進学、大学院卒業後2011年から現職です。うつ病で休職→復職→再休職も経験してます。投資を始めFXを中心に、投資信託、高配当株、ソーシャルレンディングで資産運用中です。節約術も紹介します。
関連記事