節約術

飲み物は家から持参しよう ~マイボトルで節約生活~

マイボトル

サラリーマンの方、お出かけされる方、皆さんは水分補給はどのようにされていますか?ペットボトルの飲み物を買ったりしていませんか?本日はマグボトルで飲み物を家から持参することでできる節約について解説します。

飲み直すのは無駄
飲み会で「飲み直す」「場所を変える」の必要性はあるのか?忘年会や乾燥打ち上げ、職場の飲み会で「飲み直そう」、「場所変えて2件目に行こう」などというお誘いを受けたことはありませんか? ht...

ペットボトルの飲み物代は年間で36000円にもなる

マグボトルマグボトル

会社や駅の自販機、コンビニでペットボトルのお茶を買うと大体一本150円。150円といえば、小銭でチャリっと買える金額です。ですが節約をして資産運用のための資金を絞り出すということを考えるときに、この考えは非常に手ぬるいと言わざるをえません。乾いたタオルをさらに絞って絞って絞り切ってでてきたただ一滴の滴り、これを毎日積み上げてそれを複利運用することが資産形成の道です。

毎日ペットボトルの水やジュース、お茶を一本買うことは、

150円×20日(一か月の稼働日数)×12(月)=36000円

年間で36000円を生み出すことと同じです。目の前に36000円がお札であることと、毎日自販機でペットボトルの飲み物を買うことは同じ意味です。もし毎日自販機で飲み物を買っている人は、毎年の36000円を垂れ流しているんです。

マイボトルで飲み物を持参するメリット

マグボトルマグボトル

マグボトルを購入して持参すれば、いつでもどこでも水分補給ができ、暖かい飲み物は常に暖かい状態が守られます。マグボトルには飲み口が柔らかいようにプラスチックでできた桃のあり、氷やティーパックが飛び出してこないように工夫されたものも販売されてます。

洗えば何度でも使用できます。

マイボトルはごみを発生させないため、ごみを減らすことができ、エコにもつながます。

マイボトルで飲み物を持参するデメリット

ウォーターボトルウォーターボトル

マイボトルを持参するには家でお茶を沸かしたり、なんらかの手間が発生します。但し家でもコーヒー、お茶、水など何かは飲むでしょうから手間は同じと考えます。かける手間を上回る効用が出てくるのであればその行為には正当性があります。

マグボトルを持ち運ぶのが面倒だという方もいます。ペットボトルより本体が重いからです。ですが、私が見たところ相当軽量なマグボトルも販売されており、OLのカバンにすっと入るスリムでスタイリッシュなマグボトルも登場しています。

お勧めのマグボトル

ウォーターボトルウォーターボトル

品質にこだわるなら「象印」です。値段はそこそこしますが保温性や品質はピカイチです。

まとめ

ウォーターボトルウォーターボトル

資産形成には2つの選択肢があります。一つは収入を増やすこと、もう一つは支出を減らすこと、収入を増やすには手間と時間を犠牲にするか、リスクを許容するか、どれかが必要になります。支出を減らすためには多少の手間は必要かもしれませんが、大きく時間を割かれることは無いと思います。

資産形成を行うには、身近なところから一つ一つ支出を見直し、最低1年単位、できれば10年スパンで節約金額を考えてみましょう。

親鳥を食べてしまっては卵は生まれません。種もみを食べれば穀物は収穫できない。種もみを食べてしまわずに大事に貯蔵し、種をまきこれを育て、大きな収穫を得、それで得られた収穫物で更なる収穫を得ましょう。

そのためには、まずはペットボトルの飲み物を買わないで、飲み物は家から沸かしてもらっていくことからスタートです。

同僚とは食事に行くな
会社の人との飲み会は時間と金を一度に失う愚かな行為私は会社の従業員と食事や飲み会は極力いかないようにしています。理由は無駄だからです。時間、労力、金を一度に失う愚かな行為です。本日はこれ...
ABOUT ME
こんじゃるか
こんじゃるかブログを運営しているサラリーマン投資家です。中堅私大を卒業後、中小企業に就職、27歳で退職後大学院進学、大学院卒業後2011年から現職です。うつ病で休職→復職→再休職も経験してます。投資を始めFXを中心に、投資信託、高配当株、ソーシャルレンディングで資産運用中です。節約術も紹介します。
関連記事