株主優待

絶対おすすめの株主優待株 イオン(8267)

今日は週末で外国為替市場が休みなので、株主優待の話をしたいと思います。

株式投資では、株主優待の享受を目的とする優待投資というスタイルがありますが、私もその株主優待投資を実践中です。その中でおすすめなのが、イオン(8267)です。

イオンの紹介

スーパーマーケットスーパーマーケット

イオンはスーパー、総合スーパー、専門店、イオンモールなどのショッピングモール、金融業等、様々な業種を展開しています。

現在は、WAON(電子マネー)やイオン銀行、イオンカード、イオンモバイル業務も展開しております。イオン株の株主優待の目玉は、キャッシュバックがあることです。

株主優待の中で、キャッシュバックで株主還元を行っている会社は非常に珍しいですね。イオンの株を買うとオーナーズカードが発行され、以下の優待をうけることができます。

イオンの優待内容

フルーツマーケットフルーツマーケット

イオンの優待内容は以下の通りです。

  1. 株数に応じ、イオングループで買い物した金額に応じてキャッシュバックが受けられる。(3%~7%)
  2. 1000株以上を3年継続して保有すると、ギフトカードが贈呈される。
  3. 普通に配当がもらえる
  4. イオンラウンジが使える。
  5. レストラン、専門店での割引
  6. イオンシネマ 大人=1000円+ポップコーンサービス

などの優待が受けられます。オーナーズカードは、本人、家族用合計2枚が発行されます。
食用品、日用品、布団、家具、ゲームなどで半年一回現金キャッシュバックが受けられるのはうれしいです。

キャッシュバックでお得な所

スーパーマーケットスーパーマーケット

私が個人的に気に入っているところは、イオン内にある未来屋書店買った金額についてもキャッシュバックが受けられることです。本は基本的に定価販売が行われており、なかなか値引きを受けることができないですよね。せいぜい書店のポイントを使って1%程度の値引きを受けることができる程度です。

イオンのオーナーズカードを使えば、株数に応じてですが、最大7%のキャッシュバックを書籍購入でも受けられる。これは本好きの私は非常に魅力的です。

イオンのデメリット

野菜のマーケット野菜のマーケット

イオンは地方都市には、大体一都市1か所あるのですが、東京都心や政令指定都市の中心部には、イオンモールがなく、公共交通機関でお買い物をしている都市部の方にはあまり行く機会がないかもしれないです。

まとめ

マーケットのオレンジマーケットのオレンジ

近くにイオン、マックスバリューなどがあるにはおすすめの優待株です。イオン株の保有しイオン経済圏にはまってみるのはいかがでしょうか。

この記事が皆さんの投資、優待生活の情報収集の助けになればうれしいです。

ファーストコーポレーション
株主優待お勧め株 ファーストコーポレーション(1430)今日は、土曜日で外国為替市場がお休みなので株主優待のお話です。 前回、第1回では2019年10月20日に、イオン株をお勧めしました...
ABOUT ME
こんじゃるか
こんじゃるかブログを運営しているサラリーマン投資家です。中堅私大を卒業後、中小企業に就職、27歳で退職後大学院進学、大学院卒業後2011年から現職です。うつ病で休職→復職→再休職も経験してます。投資を始めFXを中心に、投資信託、高配当株、ソーシャルレンディングで資産運用中です。節約術も紹介します。
関連記事