うつ病

心療内科を受診しよう。うつ病は初動が肝心

心療内科を受診しよう

これまで体調不良に陥ってしまった時の対象法について、解説してきました。

保健師さんに相談しよう
会社を休んでも調子が回復しないときは保健師さんに相談しよう体調が悪いとき、会社を休んでゆっくりすれば体調が回復することが多いです。 https://conjalka.com/archive...

うつ病が疑われる状態で、会社の保健師さんに相談し、産業医面談などを行ってみて、
うつ病等の症状が疑われる場合、心療内科を受診してみましょう。

心療内科の見つけ方

うつ病の女性うつ病の女性

インターネットで検索すれば、お住いの近くでいくつか心療内科を見つけることができると思います。インターネットの情報を見ても何処にかかればよいかわからない場合、まずは会社の保健師さんに相談してみましょう。

大きな事業所の場合、保健士さんはうつ病や精神的な体調不良の社員の健康管理、面談、休職者の状況の把握を行っています。よって、評判のよい心療内科のお医者さんを知っている場合があります。私が今かかっている心療内科も、会社の保健師さんから勧められ受診したお医者さんです。

心療内科の受診

石の重し石の重し

人気の心療内科は予約制です。電話で予約しましょう。初診はなかなか予約が取れないことがありますが最近は精神疾患に関する体調不良を患っている方が多いので仕方がありません。また、心療内科に掛かろうと思っていることはできれば上司に報告しておきましょう。

言いにくければ保健師さんから伝えてもらうと業務負荷について配慮してもらいやすくなります。心療内科への受診を検討する段階になっていれば、上司はあなたの体調不良に気付いているはずですので心療内科を受診してみてはどうか、と助言をもらえる場合があります。

カウンセラーに状況を正直に話す

体調不良の女性体調不良の女性

心療内科に初めて行く場合、まずはカウンセラーが症状の聞き取りをしてくれることが一般的です。どのような症状が出ており、仕事、生活についてどのような不都合があるかを正直に話してください。医師はあなたの証言をもとに処置を考えてくれます。

私の経験から申し上げると、初診の際に時間をかけてじっくり状況をきいてくれるほうが良い心療内科です。

心療内科によって治療方針は異なりますが、投薬治療を行うことになると思います。不安、緊張を和らげるお薬や睡眠導入剤が処方されるでしょう。まずは処方された薬を飲み、様子を見てみましょう。

私の体験談

うつ病の女性うつ病の女性

私は以前、業務負荷が大きくなったときに、思考能力と実務能力が落ちたことを自覚したことがあり、保健師に相談しました。産業医面談、心療内科に通院し今も通っています。

まとめ

霧の立ち込める森霧の立ち込める森

うつ病は心の風邪ともいわれます(そんな簡単なものではないですが)早めの受診が肝心です。サラリーマンは気楽な商売と思われ、とくに事務系総合職は、冷暖房の効いたオフィスでぬくぬくと仕事をしていると思われる方もいるかもしれませんが、実際には事務系総合職が受けるプレッシャー、ストレスは半端なく、いつもぎりぎりの精神状態で仕事を強いられている方も少なくありません。

残業規制、業務負荷軽減などの措置を講じてもらったり、またはスポーツ、睡眠など自分でできる体調管理だけではどうにもならないほどの体調不良があった場合、心療内科を受診することをお勧めします。

心療内科に行くことはなにもおかしいことではありません。風邪をひいて内科を受診する気持ちで通院してみることをお勧めします。うつ病はだれでもかかる病気です。特別な人だけが陥る精神病という認識は時代遅れです。

頑張り屋さん、または真面目なサラリーマン、だれでもストレスやプレッシャーで脳が疲弊すると自分でコントロールが効かなくなることはあるんです。常識人だからこそ陥りやすい疾患です。だから早めの処置をお願いします。

早めの対策が、全体として最適な解決になります。

有給休暇を使って休職しよう
うつ病で診断書をもらったら、有給休暇を使って心と体を休めよう。これまで体調不良に陥ってしまった時の対象法について、解説してきました。 https://conjalka.com/archives...
ABOUT ME
こんじゃるか
こんじゃるかブログを運営しているサラリーマン投資家です。中堅私大を卒業後、中小企業に就職、27歳で退職後大学院進学、大学院卒業後2011年から現職です。うつ病で休職→復職→再休職も経験してます。投資を始めFXを中心に、投資信託、高配当株、ソーシャルレンディングで資産運用中です。節約術も紹介します。
関連記事